標準体重まで痩せよう

肥満から脱出し、標準体重に向かって健康になるためのダイエット。美容も頑張るぞ。現在10.5キロ減。

ゆっくり食べる方法がダイエットの味方になる

スポンサーリンク

「食事の時にはよく噛んで食べるように」と小さいころは言われていました。

でも、ゆっくり食事をしていると親から「片付かないからさっさと食べるように」と怒られるので、あまり噛まずに食事を済ませていました(独身時代の話です)。

最近は「30回噛み」を意識しながら食事をしていましたが習慣ってなかなか変えられませんね。別の方法を試みています。

f:id:qyj06172:20161223145909j:plain

 一口30回噛むって、今までそんなに噛んだ記憶のない私にとってはとっても大変。

回数を数えていくうちに自然と無口になりますし、家族との会話も、回数を数えるのに必死で頭の中に入ってきません。

 

「あまりいい状態じゃないなぁ」と思いながらも続けてはいましたが、逆にストレスが溜まってしまいました。

この方法、私には合っていないみたいです。

 

1口に入れる量を少なくする方が私はよさそう

今のやり方は1口の大きさを少な目にして、口の中に入れたものがドロドロになるまでよく噛むという方法。

時間が今までの倍ぐらい、もしくはもっとかかりますが、この方法で食べていると食べる量が少なくなりました

 

そして「噛む」という行動が脳に刺激を与えて、セロトニン」と呼ばれている幸せホルモンが増えるそうです。

セロトニン」ってストレスを解消する効果があるそうですよ。

セロトニン不足の症状の一例として「老ける」とういのがあるそうですよ。(必要以上の老けはいりませんね。)

 

内臓のためにもよさそう

胃や腸などが食物を消化する際にも固形のものから消化するよりも、ある程度食物がつぶれたものの方が消化効率はよさそうですよね。

 

内臓のためにも沢山噛んで負担を減らすことでアンチエイジングにもダイエットにもつながることになるなら、チャレンジしてもいいですね。

 

小さいスプーンで食べる方法もあり

俳優の鈴木亮平さんが、2017年1月20日に放送されたNHKの情報番組「あさイチ」に出演された際に体重の減量方法を話されていました。

 

それは、小さいスプーンで食べること。

よく噛んで、時間をかけて食べるということなのでしょうか。

一口分を口に入れてと思っても、実は多く入れているときもありますが、スプーンのように一定量が決まっている場合は、やりやすいのかもって思いました。

 

応援ありがとうございます。励みになります♪

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ
にほんブログ村

ダイエット日記ランキング