標準体重まで痩せよう

肥満から脱出し、標準体重に向かって健康になるためのダイエット。美容も頑張るぞ。現在10.5キロ減。

低体温はダイエットの敵、筋肉をつけて改善

スポンサーリンク

先日、主人の体温が低くてびっくりしました。

上手く体温計が脇に入っていなかったのが原因でしたが、さすがに36度以下はびっくりしますね。

今は低体温の人が増えているといいますが、健康のためにもよろしくはないようです。改善できるならしていきたいですね。

(主人は測り直したら36度以上あったので一安心でした。)

 

f:id:qyj06172:20170109140131j:plain

低体温とは、平熱が36度未満の場合を指すようです。

私自身は36度を下回る事が無いので、体体温ではありませんが、低体温は色々と大変なようです。

 

免疫力が低下する

これは病気になりやすいことを意味します。免疫力の低下っていい言葉ではありませんね。

 

基礎代謝が下がる

脂肪が燃えにくいということにも繋がりますから、ダイエットをしている身としては無視できません。基礎代謝が低いということは食事量も見合った量にしないと、どんどん太っていってしまいまね。

 

逆に、体温が高いとどんないいことがあるのかと考えると、大きく4つ。

  1. 血の巡りが良くなる
  2. 成長ホルモンが出やすい
  3. 代謝がよく、脂肪が燃えやすい
  4. 免疫力が高まり、病気になりにくい

年齢に関係無く、健康で過ごすためには必要なことが多いですね。

 

低体温になりやすい人の特徴として、

  1. 朝ごはんを食べない
  2. 湯船につからずシャワーですます
  3. 運動不足(筋肉量不足に繋がる)

運動不足は以前の私です。今はエアロバイクを漕いでいるので多少は運動不足は解消されているはず。

それにしても「筋肉量ってダイエットをしていると色々な場面で出てくる言葉だなぁ」と感じます。

 

見た目の違いもはっきり

 同じ体重でも、その中身(脂肪量、筋肉量)が違えば見た目もかなり違います。

f:id:qyj06172:20170109150146j:plain

私の場合、取り除くのは脂肪量。筋肉量を増やす結果が出ていませんでした。(カラダステーションでのInBodyの1月の測定結果)

 

それでもこれからの事を考えたら筋肉量は出来るだけ増やす方向で考えたほうがよさそうです。

筋肉は20代をピークに、何もしていないと筋肉量がどんどん減少してしまいます。

私のような40歳後半の年齢になると筋肉量はかなり減ってきているので、維持だけでも大変です。

 

今、やろうとしていることは年齢に逆らって筋肉を増やしていくことですから、若い時(20代の時のような)と同じような感覚ではいられないと改めて感じます。

生活習慣を少しは変えることが必要ですね。

 

 

応援ありがとうございます。励みになります♪

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ
にほんブログ村

ダイエット日記ランキング