標準体重まで痩せよう

肥満から脱出し、標準体重に向かって健康になるためのダイエット。美容も頑張るぞ。現在10.5キロ減。

口の中の調子が悪い 病院の受診記録

スポンサーリンク

このところ、口の中に違和感があり「う~ん、どうしたものか」と思っていたのですが、特にそれ以上のものはありませんでした。

しかし今朝、舌の先端が痛くて、何とも言えない違和感が襲っています。

 色々と調べてみると「舌痛症(ぜっつうしょう)」というものがあるそうですね。(私は初めて聞くものでした)

 

私の場合、熱いものを食べた後のようなヒリヒリした感じものでして、それがずーっと続いています。

ただ、舌を見ても痛いと感じる所は特に腫れているようには見えません。

 

調べていくうちに「舌痛症」は更年期の女性は多くみられるということが解りました。

「あぁ、ここにも更年期の兆候が出ているのね」と感じます。

今回のように今までなかった痛み(舌が痛い)があると、「更年期だから?」と疑ってかかるようになりましたが、多くの確率で該当することが多いですね。

 

本当に「更年期の症状って色々とあるのね」と感じる今日この頃です。

 

追記:皮膚科で診断

皮膚科に用事があったので、舌が痛いということを伝えて追加で診察してもらいました。

外傷がないので、「亜鉛不足かも」との指摘がありました。

さて、どうなることやら。

 

スポンサーリンク

 

追記:亜鉛不足ではなかった

亜鉛を飲んでみたけれど、特に変化が無く、舌が痛いままという結果に。

亜鉛不足の場合は、早い段階で効果が出るそうですよ。

 

今回は亜鉛不足ではないという結果に、今度は、口の中の粘膜治療のお薬をもらいました。

 

味が分からないのは、お料理をしていても味見ができませんし、食事をしても味気ない。

この時点で舌が痛くなってから1か月目です。生活に支障が出てきている感じがしますね。

 

追記:耳鼻咽喉科への受診を勧められる

その後、1か月ほど粘膜治療のお薬を飲んでいましたが、改善は全く見られません。

以前にも増して、口の中が腫れあがっているような感覚もありますし、口の中が渇いてしまって、口を閉じているとピタッと口の中がくっついてしまいます

 

酢の物や醤油などは、口の中がしみてしまい、避けるようになりました。

症状が悪化しているような気がして、心配です。

 

お薬がなくなったので、病院を受診すると、耳鼻咽喉科への受診をすすめられました

現在の状態を考えると、皮膚科の関係では無いようですね。

 

追記:耳鼻咽喉科で検査

舌が痛くなって、丸2か月、今度は耳鼻咽喉科で受診です。

耳鼻咽喉科では口の中の細菌検査しています。結果が出るまでに1週間ほどかかるようです。

 今回いただいたお薬は、口の渇きを改善するお薬

確かに飲むと、口の渇きは緩和された感じがしますが、薬を飲まなければやはり口の中は乾きます。唾液が出てないということなのでしょうね

 

スポンサーリンク

 

追記:検査の結果問題なし 

細菌検査の結果、問題がありませんでした。今のところ、様子見という結果です。

とはいえ、口の渇きが気になるところです。口の渇きも薬が無ければ改善されませんから、引き続き薬を処方してもらいました。

 

最近天候のせいか、めまいが頻発して起こるのが困っています。

もともと、「良性発作性頭位めまい症」という頭を動かした時に起こるめまいがあり、ふらつき感も困っている状態。

「5月、6月はめまいが起こりやすい季節なんですよ」って言われてちょっと納得です。

 めまいのお薬も頂いて、薬が飲み終わるころ再受診です。

 

追記:口の渇きも収まった

 口の渇きをなくす薬が無くなる頃には、口の症状も安定しました。

舌の痛みも無くなり、味覚も戻りました。

なんだかんだで3か月ほどかかったでしょうか。

とりあえずは、元の状態に戻ったので一安心です。

 

応援ありがとうございます。励みになります♪

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ
にほんブログ村

ダイエット日記ランキング